機動戦士ガンダム

ストーリー

舞台は宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた未来世界・宇宙世紀0079年。サイド3はジオン公国を名乗り連邦政府に対し独立戦争を挑む。開戦から半年が経過し、戦争は膠着状態に陥っていた。
赤い彗星の異名を持つジオンのシャア・アズナブル少佐は、地球連邦軍の新造艦ホワイトベースを追尾して建造中の中立コロニー・サイド7に辿り着いた。サイド7では連邦軍による戦局打開の切り札たるモビルスーツ製造計画V作戦が極秘に進行していた。シャアはモビルスーツ・ザクをサイド7の偵察に送り込む。コロニー内部に侵入した2機のザクは連邦軍のモビルスーツ製造施設を発見。手柄を焦った新兵の暴走により偶発的な戦闘状態に陥る。
連邦軍の技官でモビルスーツ開発者であるテム・レイの息子アムロ・レイは、戦闘の混乱の中、連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムに乗り込む。偶然手にしたマニュアルを片手にどうにか2機のザクIIを倒したアムロだったが、ザクに搭載された核融合エンジンの爆発によりコロニーは損壊。生き残ったサイド7市民は避難民と化す。戦闘で正規クルーの大半を失い、艦長のパオロも重傷を負ったホワイトベースはやむなく新米士官のブライト・ノアを艦長代理とし、新型モビルスーツの回収と並行して避難民を収容。彼らの中から操船と迎撃に必要な人員を確保したホワイトベースはサイド7を脱出。アムロもなし崩しにガンダムのパイロットにされてしまう。シャアの執拗な追撃により、満身創痍のホワイトベースは当初の目的地である地球連邦軍総司令部ジャブローから遠く離れたジオン占領地域の北米大陸に降りてしまう・・・

感想・評価

本作品はガンダムシリーズの最初のアニメ作品でいわゆるファーストガンダムと呼ばれる作品だ。
続編として機動戦士Ζガンダム→機動戦士ガンダムΖΖ→劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャアがあり、いわゆる宇宙世紀ガンダムの最初の作品である。
主人公アムロ・レイ、そしてその永遠のライバルともいうべき赤い彗星のシャア・アズナブルというキャラクターはガンダムを見たことのない人でも聞いたことはあるくらい有名な作品である。
アニメ第1話の放送が1979年4月7日ですでに40周年を迎える作品であるが、それでもなお根強い人気を誇る。これほどの時間が流れてなお機動戦士ガンダム THE ORIGINという形でリメイクアニメが作成されるほどの人気作品だ。

なぜこれほどの人気があるのだろうか?

キャラクターの個性、ストーリー、SF的考察、魅力的な兵器・ロボット、激しい戦闘シーン。。。
理由を考えればいくらでも出てくるが、やはり特筆するべきはアムロ・レイとシャア・アズナブルを中心とした大河アニメとも言うべき長く・深い人間ドラマであろう。
本作品は長く続く宇宙世紀ガンダムの最初の作品ということもあり、アムロもシャアも若く、その若さゆえの怒り、悲しみ、迷いなど直情的な感情に動かされるシーンが随所に見受けられる。感情に身を任せ失敗したり後悔したり、時に成功して調子に乗り、時に仲間との関係性に頭を抱えるキャラクターたちはとても人間味があり魅力的だ。またそのような若く未熟なキャラクターたちが戦争という極限状態を通じて成長していくに姿に心惹かれること間違いない。

戦いの中で自然と湧き出てくる「なぜ戦うのか?」「なぜわかり会えないのか?」という答えのない問に対して悩み続けるアムロとシャア、これは宇宙世紀ガンダムの全作品すべてで問われ続けるテーマでもある。そしてこの問はアニメという枠を超え、この作品を見た視聴者の人生においても問われ続ける問題であると思う。それがこの作品が長い年月を経ても色あせない魅力を持ち続けている理由の1つではないかと考える。

スタッフ・声優

原作:矢立肇、富野喜幸
総監督:富野喜幸
脚本:星山博之、松崎健一、荒木芳久、山本優、富野喜幸、他
キャラクターデザイン:安彦良和
メカニックデザイン:大河原邦男
美術監督:中村光毅
音楽:渡辺岳夫(作曲)、松山祐士(編曲)

声優:
古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、井上瑤、鵜飼るみ子、白石冬美、古川登志夫、鈴木清信、飯塚昭三、潘恵子、永井一郎