ガールズ&パンツァー

ストーリー

戦車道は乙女のたしなみ!

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。
県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。
戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。
ところが転校そうそう、生徒会長に呼び出され必修選択科目で戦車道を選択し、
戦車道全国大会に出場するよう強要される。
しかも、集まったメンバーは個性はばかり。

華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子

友達とフツーの女子高生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか?
脚本は全話を「けいおん!」「聖闘士星矢Ω」の吉田玲子が担当。
監督は「Another」「侵略!イカ娘」の水島努が務める。
キャラクター原案は「ストライクウィッチーズ」の島田フミカネ。
強力スタッフのタッグで送る、ハートフル・タンク・ストーリー!

感想・評価

戦車道の世界へ

ストーリーの欄にもある通り、ガルパンの世界では戦車を使った武道「戦車道」が大和撫子のたしなみとされる世界。「いやいや、華道も茶道とは並ばんでしょ✋」などという無粋な感想は受け付けない。
まずは主人公みほが通う女子高の選択科目を見てほしい。カオスすぎる。。。

仙道とか忍道も気になる。。。

最初は「おいおいおい」という勢い任せで戦車道に殴られる感じだが、それも2話目以降には自然に「戦車道は乙女のたしなみ!!!」と思えるようになる。
水島努監督とか島田フミカネ先生の作品ってこういう謎の引き込み、ありますよね。

魅力的なキャラクターたち

心優しき主人公 西住 みほ

戦車道の名門・西住流の家元の娘で幼い頃から戦車道を学んでいたが、とある事件をきっかけに戦車道とは距離を置くことに。大洗へ転校したのも戦車道と距離を置くためであったが押しに弱く、生徒会長のなすがまま結局戦車道をすることになる。
困った人がいたら放って置けない優しい性格だが友達のために勇気を出して危険に突っ込むことも。
強く優しい、大洗女子の隊長です。(ネーミングセンスもかわいいよー)

断れない性格、目がかわいい

戦車オタクの犬っ娘 秋山 優花里

重度の戦車オタク。大洗女子あんこうチームの装填手を務める秋山殿。
装填手ではあるが砲手もできる、偵察任務だってこなしちゃう実はハイスペックでは?という側面も。
戦車オタクが行き過ぎて西住流の家元の娘であり、戦車道大会に出ていた際のみほの行動に感銘を受けたことからみほをよく慕っている。よく慕っている、というより西住殿のいn。。。

西住殿は最高だぜぇぇぇぇ!!

黒森峰女学院隊長・まほの姉 西住みほ

戦車道で名門校とされる黒森峰女学院の隊長であり西住流の後継者、そしてまほの姉である西住みほ。
高校生大会ではMVPに選ばれ、国際強化選手にもなるほどの実力者。
自身を「西住流そのもの」と称して寡黙にして峻厳、常に冷静な判断と的確な指示を下す。
そんなみほも作中では妹まほのことを陰ながら気をかけたり、麻子の祖母が倒れた際には自身の学園所有のヘリコプターを出動させるなど優しい一面も見せる。
実は重度のシスコンでは?との噂が絶たない(あにほり!調べ)

黒森峰女学院副隊長・ツンデレ? 逸見エリカ

作中ではライバル的な立ち位置にいるエリカ。みほに敵対心バリバリに向けるシーンが随所に見受けられる。
が、しかし。
ガルパン好きの中では「実際みほLOVEなのでは?」「エリカはツンデレ」という声が多い。
実際作中でもまほとエリカの関係はみほと秋山殿の関係に近く、クールっ娘というよりみほを気にしすぎて強く出ちゃってる的な?好きな子にちょっかい出しちゃう系小学生な感じか、そうだと思う

エリかわ

スタッフ・声優

キャラクター原案:島田フミカネ
キャラクター原案協力:野上武志、
監督:水島努
構成・脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功
考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭
ミリタリーワークス:伊藤岳史
プロップデザイン:竹上貴雄/小倉典子/牧内ももこ/鈴木勘太
美術設定:比留間崇
美術監督:大西穣
色彩設計:原田幸子
モデリング原案:原田敬至
3D監督:柳野啓一郎
撮影監督:大庭直之
音響監督:岩浪美和
音楽:浜口史郎
3DCGI:グラフィニカ

声優:
渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、椎名へきる、喜多村英梨、石原舞、川澄綾子、伊瀬茉莉也、平野綾、金元寿子、上坂すみれ、田中理恵、生天目仁美、倉田雅世、愛河里花子、冬馬由美